MENU

DIP DESIGN職住近接。お互いの時間を大切に過ごす 夫婦のフルリノベーション住宅

CONCEPTコンセプト

ご主人が会社員、奥様が美容師をしている日向野様ご夫妻。左には奥様が経営する小さな美容室があります。元々奥様の生家だった住まいをリノベーションしています。

2階部分を減築して平屋にリフォーム。可能な限り昔の面影を残しながら夫婦が気持ちよく過ごせる住まいを実現しています。

DESIGN POINT設計デザインポイント

01古き良きものを残したフルリノベーション
フルリノベーションの場合、コストだけを考えると更地にしてから新築の平屋を建てた方がコストパフォーマンスは良くなります。しかし、愛着ある建物を壊すのは辛いので、古い家の面影を残す相談はやりがいを感じます。今回も柱や梁など構造材を最大限に生かしています。
02広々ワンルーム仕様
子どもがいないことから、共有部分はキッチンとリビング、ダイニングをつなげたワンルーム仕様に変更。高い天井と古い家の面影を残した梁が明るさと開放感を演出しています。隣接するウッドデッキではお酒を飲んだりして過ごすこともあるそうです。
03お互いの趣味を楽しめる場所
アウトドアの趣味を持つご主人と、書道や乗馬をやっている奥様。それぞれ自分の時間を過ごせる場所を設置しています。ご主人の部屋は釣具や書斎として、奥様の部屋は客間として活用できます。ひとりで過ごす時間と夫婦で過ごす時間の両方を楽しめる住まいです。

THE FEELINGS OF THE OWNER施主の想い

ギャラリーのような空間
大谷石が使われた玄関やアプローチの造作、廊下に設置された洗面所など、注文住宅だからこそ実現できたものだと感じています。洗面台はバスルームと一緒になっていることが多い中、友人を招いた時も気を使わずに済むのが快適です。
これから先のことを考えた住みやすさ
シニア世代ではありませんが、寝室の近くにトイレが設置されていたり、寝室は柔らかいライトになっているなど将来の住みやすさも考慮されています。平屋なので階段もなく、10年後20年後も安全に快適に過ごせる環境だと思います。
お互いの時間を大切にできる場所
仕事も趣味も生活時間も違うふたりですが、それぞれの時間を大切にできる場所ができたことで、夫婦で過ごす時間もより楽しめるようになったと思います。好きなものに囲まれた居心地の良い暮らしが楽しめるようになりました。年を重ねても安心して過ごせそうです。

GALLERYギャラリー

PLAN OF HOUSE間取り

SUMMARY概要

作品名
職住近接。お互いの時間を大切に過ごす夫婦のフルリノベーション住宅
所在地
栃木県栃木市
家族構成
ご夫婦
竣工
2018年
延床面積・間取り
33.31坪 4LDK
居住タイプ・構造
木造平屋建て
ご趣味
アウトドア・乗馬・書道
  • HOME
  • 職住近接。お互いの時間を大切に過ごす 夫婦のフルリノベーション住宅