MENU

DIP DESIGN空色をみる中庭の家

CONCEPTコンセプト

宇都宮市簗瀬町、旧道沿いの閑静な住宅街に建つ高橋邸。左官仕上げの美しい塗り壁が印象的な、ビルトインガレージのある住宅です。

日常生活を重要視した住まいで、設計には1年ほど時間をかけています。夫婦と子ども2人、家族4人がフレキシブルに暮らせる快適な住まいを追求しています。

DESIGN POINT設計デザインポイント

01室内干しができる家事室
奥様のご要望で、室内干しができる家事室を取り入れました。通常のサンルームでは嫌とのことでしたので、脱衣所と洗面所を分け、専用のスペースを設けています。脱衣所と洗面所を分けることで複数の人が使えるようになり、お客様にも遠慮なく洗面台を使ってもらえるようになります。
02個性豊かなビルトインガレージ
車社会の栃木では駐車場は重要です。ビルトインガレージであれば車の乗降がスムーズになるだけでなく、DIYの作業場や子どもの遊び場としても活用できます。コンクリート+左官の塗り壁による個性豊かな駐車場が完成。左官仕上げは「左官マイスターの家」の高徳さんが手掛けています。
031階の多目的スペース
子どもがのびのび暮らせるよう、1階のリビング横にグレー壁の多目的スペースを設けています。今は客間として、将来は子ども部屋としての間取り変更を視野に入れています。子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせて、家の使い方を広げる余地を残しています。

THE FEELINGS OF THE OWNER施主の想い

玄関を開けるとユーカリの木がお出迎え
おしゃれなガレージの奥にある玄関を開けると、ユーカリの木が見えるようになっています。外から見ると1枚の絵のように綺麗に収まっています。空からの光も綺麗に抜けていくので、まるで高級ホテルのような趣があります。
家事が楽しくなる専用部屋
バスルームの隣に脱衣所兼洗濯部屋があります。室内干しができるようになっているだけでなく、小さな洗面所があるので手洗いもできますし、アイロンがけができるカウンターもあります。この部屋だけで洗濯のすべてが完結できるので非常に快適です。家事のストレスも減り、日常生活がだいぶ楽になりました。
生活イメージにあった理想の家
素材や色、収納や家具にもDIP佐山さんのアイデアが盛り込まれています。私たちのイメージを的確に形にしていただき、時間はかかりましたが、考えれば考えるほど理想とする家のイメージに近づいていきました。専門家に任せたからこそ、自分たちの生活イメージにあった満足する家に仕上がったと思います。

GALLERYギャラリー

PLAN OF HOUSE間取り

SUMMARY概要

作品名
空色をみる中庭の家
所在地
栃木県宇都宮市
家族構成
ご夫婦、お子様1人
竣工
2019年
延床面積・間取り
43.85坪
居住タイプ・構造
木造平屋建て一部2階
ご趣味
ドライブ・旅行
CROSS TALK
生活イメージにあった満足する家に仕上がりました。
家事室は日常の中でもウエイトがある所だと思っていたので、家事の専用室をお願いしました。
自分たちの好きなものや大事にしていることを明確にしていくのは時間がかかりましたが、それがしっかりすることで自分たちの生活イメージにあった家が建てられました。
施主様高橋様 栃木県宇都宮市
デザイナー佐山 sayama・村井 murai
高橋様の、「日常」を第一に考えた家が完成したと思います。デザインも重要ですが、それだけに気を捕らわれずに動線にも重点をおきました。
じっくり時間をかけた分、高橋様の想いを存分に詰め込みました。
  • HOME
  • 空色をみる中庭の家