DIP

月を観る広いベランダがある家

取材作品

広めの”ベランダ"を第2のリビングにして、心地よく!

宇都宮市内の高級住宅街として人気のあるエリアに家を建てたHさん。美しく整備されたプロムナードに、その物件はある。そろそろ家を購入しようかと考えた際、マンション以外に住んだことのない奥さまは、「分譲マンションの方がいいのでは?」という意見だったという。そこでマンションを何軒か見てみたが、ピンと来るものがなかったというエンジニアの旦那さま。「せっかく自分たちの家を購入するなら、自分たちらしい空間にしたいし、それにはマンションより戸建て。それも設計住宅がいいなと思いました」と振り返る。

土地選びからスタートしたHさんの家づくり。法的規制や地域の特性、周辺環境、家族の希望など、複雑な要件をクリアし、HさんとDIP佐山さんがようやく見つけたのは高級住宅街にある土地建物付きの物件。普通なら既存の古家をリノベーションして自分たちらしくと言う発想になってしまいがちだが、Hさんは意気込みが違う。

そこを一度更地に戻したあと、DIP佐山さんに設計を依頼。あくまでも一から理想の家づくりを目指したのである。「解体費用の分予算は減ってしまいましたが、そのなかでもこだわりを詰め込んだ家を希望しました」と語るHさまご夫妻。暮らしやすい立地条件、周辺環境を考慮した上で、選ばれた土地。そこに、ずっと住み続けたい家をどのように築いていくのか。街としての価値に見合う家を建築すること。これは、今回の命題でもある。

極力無駄を排したキュービックスタイルの外観に、くり抜いたような2階のテラス部分がアクセントになっているHさん邸。少しでも広く空間を確保するため、2階リビングの横に設置したベランダからあたたかい陽を取り込み、明るく開放的な空間を実現している。窓は少ないものの、一歩中に入ると東向きのベランダから光が差し込む開放感、生活動線に配慮した機能的な設計など、シンプルな箱型の住まいのなかに豊かな空間が広がっている。

生活の中心になるのは、キッチンを据えた2階LDKだ。スッキリとした空間もHさんの要望である。特筆すべきは、調理家電を隠せるように設計すると同時に、適量を適所に収納するスペースをあらかじめ確保した点にある。

「モノを増やしたくないH夫妻のために、あらかじめ収納家具はこちらで造作。美しいだけでなく機能的な住まいを心がけました。 また、プロムナード沿いということもあり、外からの視線を遮る目隠しもこの家の大切なポイントです」とDIP佐山さんは話す。

ベランダから見える風景には、暮らす人のプライバシーやセキュリティに配慮しながらも、プロムナードを歩く人々にも優しく受け止められるような、調和も求められた。ベランダの壁の高さが違うのは、歩行者からの視線よけと向かいのマンションからの視線という2つの異なる要因があるから。その壁をつくる際には、実際に向かいのマンションに人を立たせ、ミリ単位で調整したという。

その甲斐あって、外からの視線を気にせず暮らせる設計に仕上がっている。さらにベランダは、プライバシーや景観に配慮した外観になっているだけではない。Hさんのライフスタイルに川辺のプロムナードを活用するアイデアを盛り込み、アウトドアダイニングとしても使える、開放的なプライベート空間とした。

日中は照明が不要なほど光が差し込み、居心地のいい2階LDK。「アウトドアが好きで、バーベキューが家でもできたらいいなと思って広いベランダを希望しました。LDKとベランダを一体化して広々と使えるので便利です」と話すのは旦那様。「モノは少なく、心は豊かに。そんなライフスタイルに憧れていたのですが、ここでの生活はまさにそんなコンセプトを体現している。星空を眺めながらの食事はいつも以上に美味しく感じます」と、奥さまもベランダを気に入っているようだ。

コンパクトな敷地のなかで、空間を巧みに活かし理想の家を具現化したHさん邸。ライトアップされたプロムナードのなか、室内から漏れる柔らかな明かりは、帰宅時の気分を高揚させてくれるに違いない。「普通のマンションにしなくてよかったですね」と問いかけると、「苦労したけどお任せしてよかったです」という返事が返ってきた。

  • 作品名

    月を観る広いベランダがある家

  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 家族構成

    ご夫婦、お子様2人

  • 居住年数

    9年

  • 延床面積・間取り

    102.4u(31.00坪) 2LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    アウトドア