DIP

蔵の街スキップハウス

取材作品

細かいイメージをカタチに。建築家の知恵とアイデアをフル活用!

栃木県栃木市。豊かな緑を残す、歴史薫る閑静なエリアに、鈴木邸は建つ。

この家に暮らすのは、栃木の銘菓・御菓子司『松屋』を実家に持つご主人と奥様、そしてふたりのお子さんだ。 子供が大きくなってきたので、いよいよ憧れのマイホームを考え、ご主人の実家近くの土地に家を建てた。設計は、インターネットでご主人が見つけたという縁でDIP佐山さんに依頼。当時DIP佐山さんは独立したばかりではあったが、オリジナリティあふれる建築事例に魅かれたという。

「個人宅の設計経験は少ないときのことでしたので、外観やLDKなどの要望など、鈴木さんの好みやイメージを入念にヒアリングしたと思います。その甲斐あって喜んでもらえる家が完成したと思います」(DIP佐山さん)。

窓の多用とスキップフロアのおかげでびっくりするほど開放的に仕上がっている鈴木邸。1階のメイン部分をご家族が集うLDKと書斎兼客間とし、住居スペースは、1階フロアよりスキップしたフリースペースからご夫妻の寝室、お二人のお子さんの寝室が現れるつくり。DIP佐山さんが得意とするアプローチは、打ちっぱなしのコンクリートと柱の無垢材が調和したクールな壁の表情が印象的な佇まい。塗壁の外壁が古民家のような情緒を感じさせる。

「小さいお子さんがいるので、家族が集うLDKを広めにとり子育てがしやすい間取りを考慮しました。キッチンで料理をつくりながら、自然とリビングに目を向けるとお子さんが遊んでいるのを見守ることができる。そんな環境が理想ですよね」と話すDIP佐山さん。

リビングを通らなければ2階には上がれないスキップフロアは、子育て世代に大変有効なつくり。土日がお仕事の鈴木さん夫妻にとって、学校から帰ってきたお子さんの顔を自然にチェックできるのは、コミュニケーションがとりやすくもある。

また、天井は屋根組と兼用して斜めにかけた登り梁を見せ、外観のワラスサを使用した漆喰の壁や無垢の木といった自然素材は湿度の高い日本の風土に適応。勾配天井によって、実際の面積以上に広く感じられる空間となった。そして、家中のスムーズな通風を考慮して配置されたたくさんの窓が、明るくて開放的な空間を演出してくれる。

そして、鈴木邸の最大の特長は深い軒を使っての採光だ。

通常なら軒が深いことは日差しが遮られ採光も少ないということになる。しかし明るい自然光を部屋に取り入れるためにテラスのタイルを全面白くすることで解決。太陽の光を反射させながら、光が各部屋にゆきわたり明るくひろがりのある空間となるよう計画されている。

なぜこのような外観になったのかDIP佐山さんにお尋ねすると、「プライバシーを保ちたいという要望があったからです。壁で完全に囲ってしまうと周辺環境との関係性を損なってしまうため、軒を通常よりも深く地面1m80cmまで下げることで、視線を阻み、その上で周辺との関係性を保つようにしました」とのこと。まさにデザイン性と機能性を両立している好例。また、どっしりとした構えた屋根は、守られているような安心感があるのもありがたい点のひとつである。

「せっかく作っていただいた書斎は、すぐに子どもの勉強部屋へなっちゃったんです」と鈴木さん。 このお宅唯一の和室であるリビング脇の小さな書斎は、高床式の畳が特徴だ。机の前の壁は木をブロック状にはめ込み、収納棚にしている。そこをすぐ子どもたちに奪われてしまった形になるが、子どもの気配を感じるができる時間が増えて、逆に良かったと振り返る。

「家族みんなほとんどの時間をリビングで過ごしていますね。2階で過ごすのは寝る時くらい」と笑顔の奥様。無垢材と漆喰の壁。現代の建築技術を上手にミクスチャしながら、シンプルだが細部の意匠にこだわった、鈴木邸。家族の思い出が刻まれてきた家づくりは、 夫妻とDIP佐山さんが二人三脚で進めていったからこそできあがったのだろう。

  • 作品名

    蔵の街スキップハウス

  • 所在地

    栃木県栃木市

  • 家族構成

    ご夫婦・お子様2人

  • 居住年数

    15年

  • 延床面積・間取り

    180.03u(54.51坪) 4LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    映画鑑賞